臨地実習

医療現場を知る
臨地実習

学内で基本的な看護を学んだ後に、その知識と技術を医療現場で実践する「臨地実習」を行うこととなります。
実習先である奈良県立病院機構で働く看護師の多くは本校卒業生。
そのため、後輩である学生の気持ちを最も理解でき、自分自身が経験した実習を思い出しながら、あたたかくサポートしてくれます。

1年次の実習科目

基礎看護学実習Ⅰ

入院生活を送る対象の基本的欲求に対する日常生活援助を実践する能力を身につける。

2年次の実習科目

基礎看護学実習Ⅱ

健康障害をもつ対象のニーズを理解し、対象に必要な看護計画を立案し、実施、評価することで、看護過程の思考を身につける。

成人看護学実習Ⅰ

成人各期にある対象を総合的に理解し、看護過程を用いて対象に応じた適切な看護援助を実践できる能力を身につける。

老年看護学実習Ⅰ

老年期の特性や生活、発達課題を理解し、治療を受ける高齢者の看護を実践できる能力を身につける。

3年次の実習科目

成人看護学実習Ⅱ

慢性期や終末期にある患者とその家族に対して、対象の状態に応じた観察やアセスメントを行い、適切な看護援助を実践できる能力を身につける。

成人看護学実習Ⅲ

急性期にある患者とその家族に対して、対象の状態に応じた観察やアセスメントを行い、適切な看護援助を実践できる能力を身につける。

老年看護学実習Ⅱ

施設や地域で生活する高齢者の人格を尊重した日常生活援助、およびその家族の支援に関わる保健・医療・福祉システムの機能を理解する。

小児看護学実習

小児の発達段階を踏まえて対象を理解し、個別的な看護が実践できる能力を身につける。

母性看護学実習

マタニティサイクルにある対象を総合的に理解し、母子とその家族の健康の維持、増進するための看護に必要な基本的な知識と技術を身につける。

精神看護学実習

心の健康問題をもつ患者および家族の理解を深め、健康問題が患者の生活行動に及ぼしていることを総合的に把握し、看護する能力を身につける。

在宅看護論実習

地域で生活する人やその家族を総合的に理解し、ニーズに応じた援助・支援をマネジメントし、援助を実践するための基礎的能力を身につける。

統合実習

保健医療チームの一員としての看護の役割と機能を理解し、既習の知識・技術態度を統合して看護実践に活かす能力を高め、自己の課題を明確にすることをめざす。

奈良県立病院機構
ならではの連携体制

奈良県の高度急性期医療および救急医療、がん医療、周産期の医療、小児医療、糖尿病医療、精神医療、感染症医療においても奈良県の地域医療の拠点としての役割を担っています。
さらに、北和地域の災害拠点病院でもあります。看護部は「支えあい あふれる笑顔でチーム医療」の理念のもと安全で安心な質の高い看護を提供しています。

「患者さんを家族のように愛する」「いい医療をより多くの患者さんへ」という病院理念のもと、奈良県の西和医療圏での急性期医療を担っています。地域医療支援病院として、また地域包括医療・ケア認定施設として地域に密着し、多職種間の交流や地域医療連携の拡充に貢献しています。

「“手には技術、頭には知識、心には思いやり”を持って親切、丁寧、温かい、質の高い医療」という理念のもと、奈良県の回復期医療・福祉の拠点としての役割を担っています。
高度で専門的なリハビリテーションを総合的に行い、在宅復帰、職場復帰を可能にしています。

その他の実習施設

保育園・保健センター・老人福祉施設・訪問看護ステーションなど、奈良県下の施設で実習を行います。

  • 1 病院・・・奈良県立病院機構の3病院を含め7病院
  • 2 老人保健施設・・・3施設
  • 3 介護老人福祉施設・・・1施設
  • 4 訪問看護ステーション・・・15施設
  • 5 市町村保健センター・・・5施設
  • 6 保育所・・・3施設
  • 7 助産院・・・4施設
  • 緩和ケア病棟・ホスピス・・・2施設