教職員からのメッセージ

カリキュラム担当教務主任からのメッセージ

演習を通して、感じること、考えることが成長につながります

授業の中では、お互いに学生同士で学び合う時間を大切にしています。学生一人ひとりが協力して試行錯誤することで、思考力や判断力・表現力を培います。また、お互いに学び合う中で、優しさや思いやりの心を育て、人間形成の場となっています。

実習担当教務主任からのメッセージ

経験豊かで優れた医療人が教育を支援します。

当校は奈良県立病院機構という大きな組織が運営する3つのセンターと医療専門職教育センターという教育施設に支えられています。実習では、看護する喜びややりがいを感じて成功体験を重ねていく反面、葛藤・迷いも感じながら、3年間で段階的に「専門職業人」としてプロフェッショナルを目指し学びを深め成長しています。実習でより多く貴重な体験を学んでもらえるよう全力でサポートさせていただきます。

副校長からのメッセージ

未来を見据えた、最前線の看護実践を学べます。

当校での学びは、優れた実績をもつ様々な教職員が支えています。中でも奈良県立病院機構の医療職は理事長、各センター長自ら教鞭に立って看護学生一人ひとりを大切に教育しています。今、まさに医療現場で生じている最先端の医療技術はもちろん、未来を見据えた取り組みと奈良県民の健康ニーズに応じた適切な看護実践を学ぶことができます。このような恵まれた学習環境は学生の成長を約束するだけでなく、「新たな課題に挑戦し、実践から気づきを得て、改善する」というサイクルの習得につながります。学校から医療の最前線そして未来へ、奈良看護を引き継ぎ、奈良看護を探求し創造し続けるチームの担い手を心からお待ちしています。